国の借金の仕組みとの日本の借金が1000兆あるそうででもどれも国民から借りてる

国の借金の仕組みとの日本の借金が1000兆あるそうででもどれも国民から借りてる。日本の借金が1000兆あるそうで、でもどれも国民から借りてるだけ日本の中でお金がまわってるだけ?というのは知ったんですが、いざ返すとなったらどこから出すんですか?
もし新しく刷るなら日本のお金の総量がふえちゃいますよね?まったくの素人なんですが、回答よろしくお願いします。
資産は確かにありますが、歳入と歳出を見ると収入が多いようには見えない。増やしてもまだデフレだから問題ないでしょう。発行してハイパーインフレになると言う人がいるが、今はデフレなんです。景気回復のためにインフレにしないとダメなのです。なのにハイパーインフレとか、馬鹿みたいな飛躍したことを言う。何が問題なのですか?デフレ期に造幣して、反対では増税などのデフレ促進策をしてデフレ脱却できなくしている方が問題だと思うがね。累積デフレ率は2012年ですでに-21%これは1920年代の世界恐慌と同率で、今はそれ以上!日本は恐慌なのですよ。それすら理解していない人がハイパーインフレとか馬鹿を言う。実際安倍で400兆刷ってもインフレにもなっていないでしょう。これを理解しましょう。
新しく作るから借金が増えるのです全国民が手持ちの国債を売り出せば国が破産します、
いざ返すということにならないんです。それだけのことです
あなたの言う返すとは「借金を0にする」ことではないですか?これは完済と言うんですが、政府には完済の必要がないので、いざ返すという日がきません
なぜかというと、政府には寿命も老化もなく、半永久的に支払い能力が保証されているからです。貸す側にしてみれば、欲しいのはまとまった現金ではなく利益であり、そのため金は「貸しっぱなし」のほうがありがたいのです
個人であれば、たとえば住宅ローンなどは借金の最たるものですが、これを「死ぬまでに返しきらなければならない」という制約があります。だから期限があるし、元本は減らしていかねばなりません
しかし政府の場合寿命はありません。100年、200年あとでも支払い能力を維持していると考えられます。すると貸している側の銀行からすると貸しっぱなしのほうがよくなり、実際そうします。返済期限に新しく借金して元本を返すことを借り換えと言いますが、銀行と政府の思惑が一致することでこの借り換えをひたすら続けます。すると返済期限が無限に先送りされているのと同じで、これは「完済のしなくていい借金」の出来上がり、ということになります
仮に銀行の都合により完済の必要が出た場合は、日銀に増刷させて対応します。これは実質、銀行からの借金を日銀に振り変える行為ですが、日銀は政府の子会社ですから、政府の要望に応じて無限の借り換えをやり続けます
結果的に、どう転んでも政府は完済する日が来ず、問題も起きません
日銀の増刷で対応すると金の総量は増え、インフレーションを引き起こします。しかしデフォルトよりマシですからね。そうします
とはいっても、金利分の発行しかしなくていいわけですからタカが知れています
またお金の総量は、必ず徐々に増えていかねばなりません。これは世の中に貸借と金利が存在する以上当たり前です。金利というのは世の中に元々ない金を要求するわけですから、金の総量が一定のまま金利支払いが行われると、最終的に誰かが絶対的に支払いができなくなります。ですから、金利により要求される程度の金は常に世の中に増やしていくことが原則になります
なるほど納得です。ほかの方も含め、回答ありがとうございました。大変勉強になりました。
日本は借金も多いですが、資産や収入も多いのです。借金ばかりが報道されてますが実態は違います。
例えるなら、1000万の借金に対して、貯金が400万あり収入は800万ある感じです。
国の借金の仕組みと。そこにいるほとんどの人が、日本が隠し借金を含めて、1000兆円規模の借金を抱えている事を知らなかったからです。ニュース 。 数字くらいは聞いたことがあっても、実際に仕組みを知らないと実感し難いってこともあるかもしれないし。 なら、簡単に説明 。 でも 、お金がない。 しかし、これは半分以上は、名目上の理由と言った方が良さそうです。
「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか。誰もが聞いたことがある「日本の借金1000兆円」論。 国だから実際にはそうならないが 。 今のインフレ誘導政策からもそうですが、そもそも「日本の財政悪化」の解決策は、論理的には「ハイパーインフレ」にならざるを得ないと見てる官僚。
財務省からマジ回答。日本の借金は1,000兆円となっていますが、日本には資産もあるはずで、それと差し引きしないとフェアではないのではないでしょうか? 。 欧州連合EUでも加盟国が守るべき基準として借金の総額を使っているので、こちらがワールド?スタンダードだといえるでしょう。 と言いたいところですが、現実はそう甘くありません。 日本。
「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか。借金が1000兆円もあるので、増税しないと財政破綻になるという、ほとんどのマスコミが信じている財務省の言い分が正しくないと指摘したのだ。 借金1000兆円、 。 程度である。これを見ると、日本の財政問題が大変ですぐにでも破綻するという意見の滑稽さがわかるだろう。 借金返すのが大変だから車売って返そうとしたら、50万にしかならなくて「車が消えて借金だけが残った」ということもあるだろう。 でも、この。
日本の借金「約1000兆円」日本が破綻しない理由と今後のすべきこと。この記事では、日本の借金の具体的な金額や歳入と歳出の内訳、借金の未来予想についてまとめました。 目次。 日本が 。 これは家族に例えると、お父さんが家族を養うためのお金が足りないから、稼ぎのある息子から生活費を借りているようなものです。 しかも、家族 。 とはいえ、日本全体の経済ということをマクロな視点で考えると今すぐに、国が破綻することはないことは冒頭でもお話ししました通りです。 社会保障。
「日本の借金1千兆円」を性懲りもなく煽る人たちの狙いと本音髙橋。全体の伸びが0。3%であるので、各省の予算でも、天皇ご譲位行事のある皇室58。6%を除くと、最大の伸びは内閣府1。7%、最低は経産省△4。3%で 。 筆者は2年前のに<「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか…
「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか。誰もが聞いたことがある「日本の借金1000兆円」論。それが 。 借金が1000兆円もある ので、増税しないと財政破綻になるという、ほとんどのマスコミが信じている財務省の言い分が正しくないと指摘したのだ。 こんなセリフは誰でも聞いたことがあるだろう。
国の借金1000兆円突破。財務省は9日、国債や借入金、政府短期証券をあわせた「国の借金」の残高が、2013年6月末時点で1000兆円を突破したと発表した。前年同月末に比べて32兆円超増えた。7 月1日時点の総務省の人口推計1億2735万人をもとに単純計算。
国の借金1053兆円の「大本営発表」より680兆円の資産考えよ。財務省とメディアはそう煽り、国民は「それなら増税もやむなしか」と思い込まされている。しかし、経済評論家の上念司氏は、日本は「借金大国」どころか、世界一の「金持ち国」 だとデータを用いて解説する。つまり、財務省やメディアは 。 日本悲観論」が蔓延している。 確かに「1000兆円」の借金は莫大だが、負債の金額の多寡だけを見て経済を議論するのは全くのナンセンスだ。 一般的に銀行が企業や個人に融資する際、事業者の財務体質が健全かどうか、成長性があるかどうかが査定の基準となる。
日本の借金ついに1000兆円を超える。大雑把に言って、国債500兆円に加え、国債以外の借金が何と300兆円近くもあるのだ! 図1国債および 。 これが「日本政府の借金 1000兆円を超える」といわれる内訳だ。借金1059兆円。 この分ではとても、借金の担保にはなりそうもない。 では、日本が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です